ケーブルテレビ株式会社-採用WEBサイト

数字で見るCATV

事業・待遇・会社の雰囲気など、ケーブルテレビのさまざまな数字を集めてみました。
驚きの数字もあるかもしれませんが、数字は本物です!

01.数字で見る会社規模

77,000世帯
(2018年9月時点)
ご利用者数
地域情報はケーブルテレビ。
地域の情報発信を支えています。
31,789
(2017年実績)
サポート訪問数
些細なことでもすぐ訪問!
お困りごとはその日のうちに解決します。
3,600
(2017年実績)
年間取材件数
地域情報は私たちの命。
地域のお祭りや行事、選挙など、
直接現地に行って取材します。

02.数字で見る研修

1,900万円
(2017年度実績)
教育訓練費
1人当たり年間約17万円。
新入社員研修や階級別研修など、
社員の成長を後押しします。
264
(2017年度実績)
研修参加回数
本人の希望や上長の推薦によって年間計画を立て、
社内外の研修に参加しています。
31
(2018年9月時点)
CATVエキスパート
資格者
(一社)日本CATV技術協会の認定する資格です。
講習と試験を通してCATVに関わる専門的な
技術・知識を取得した人に与えられます。

03.数字で見るワークライフバランス

100%
(2017年実績)
育休取得・復帰率
復帰時はそれぞれの状況に合わせて勤務形態を
検討します。近年では男性の育休取得者も
増えてきました。
71%
(2017年度実績)
有給休暇取得率
リフレッシュしてイキイキと
働いていただきたいので、
積極的に取得を推進しています。
平均19h/月
(2017年度実績)
時間外労働時間
繁忙期は残業がありますが、
効率化を進め年々削減しています。

04.数字で見る独自の制度

376
(2017年実績)
懇親会補助利用者数
コミュニケーションサービスを提供するためには
社員同士の連携が重要。社員3名以上で懇親会を
行う際に、会社から費用補助があります。
527
(2017年度実績)
サンクスカード件数
日々の業務の中で感じた感謝の気持ちを投函し、
みんなで共有。コミュニケーションの活性化を
図ります。
73
(2017年実績 親孝行月間報告書提出者数)
親孝行実施者
「CS(カスタマーサティスファクション)の基本は
親孝行から」の考えのもと親孝行月間を作り、
感謝の気持ちを伝えています。