セキュリティ設定

アンチウイルス設定
ウイルスチェックを設定することができます。
迷惑メール設定
迷惑メールチェックサービスを設定できます。
ホワイトリスト設定
「指定するメールアドレス」(=送信元メールアドレス)にメールアドレスを保存することで、迷惑メールと判定された場合でも、「迷惑メールフォルダ」に振り分けられず、「受信トレイ」で受信することができます。
フィルタ設定
指定した条件に一致したメールにフィルタをかけることができます。
※フィルタ設定や迷惑メールブロック設定などとの関係は「メール設定の適用順序」をご覧ください。




設定を変更するには、「個人設定」をクリックしてください。





アンチウイルス設定

「セキュリティ設定」タブの「アンチウイルス設定」をクリックしてください。


ウイルスチェックを設定することができます。


[注意事項]
※ 他社サービスのメールについては、ウイルスチェックできません。
※ お客さまのパソコン内のウイルスをチェックするサービスではございません。
※ヘッダー情報で振り分けができないメールソフトをご使用の際に活用できます。


1)ウイルスチェックをする チェック有:ウイルスチェック機能を開始します。
 ウイルスチェックをする チェック無:ウイルスチェック機能を停止します。


2)サイズが25MBを超えるメール
 ウイルスとして破棄する:サイズが25MBを超えるメールを受信した場合、削除されます。
 チェックしないで受信する:サイズが25MB以上の場合はウイルスチェックを行わずに受信します。


3)設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。





迷惑メール設定

「セキュリティ設定」タブの「迷惑メール設定」をクリックしてください。


迷惑メールチェックサービスを設定できます。
迷惑メールチェックサービスを設定すると迷惑メールの可能性が高いメールのヘッダに「X-Mark-Spam-Flag」が挿入されます。
ヘッダーのほか、件名にも「spam」という文字列を挿入することも可能です。


■注意事項
・設定前からメールサーバ上に保存されているメールはチェック対象になりません。

・本サービスは、受信したメール内容を実績のある迷惑メールデータベースを利用して分析し、 迷惑メールか否か判断するサービスです。100%の確率で迷惑メールを判定(検出)できるわけでは ありません。また、受信したメールの内容によっては、誤って迷惑メールと判定してしまう 可能性もありますので、予めご承知ください。

・迷惑メールチェックサービスを有効とした場合、迷惑メールと思われるメールは「受信トレイ」に入らず、「迷惑メールフォルダ」へ自動的に移動されます。(メールは最大30日間保存されます)
お客様パソコンのメールソフトにメールアカウント設定をされている場合、受信トレイには届かず、webメールの「迷惑メール」フォルダに移動されます。
迷惑メールの受信状況を確認する場合、webメール画面の「迷惑メール」フォルダをご確認下さい。


1)迷惑メールチェックサービスを利用する
チェック有:迷惑メールの可能性が高いメールのヘッダに「X-Mark-Spam-Flag」が挿入されます。
チェック無:迷惑メールチェックサービス機能を停止します。

2)件名に「spam」を挿入
設定する:件名およびヘッダーに[spam]が付け加えます。
設定しない:件名に「spam」を挿入する機能を停止します。

3)設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。





ホワイトリスト設定

「セキュリティ設定」タブの「ホワイトリスト設定」をクリックしてください。


・「指定するメールアドレス」(=送信元メールアドレス)にメールアドレスを保存することで、迷惑メールと判定された場合でも、「迷惑メールフォルダ」に振り分けられず、「受信トレイ」で受信することができます。

・「指定するメールアドレス」は最大50メールアドレスまで保存が可能です。

・「指定するメールアドレス」は以下のヘッダに含まれるメールアドレスが対象になります。
 送信元メールアドレス対象ヘッダ : Return-Path: From: Sender: Resent-From: Resent-Sender:


追加ボタンを押下することでホワイトリストにメールアドレスを追加できます。


指定するメールアドレス:ホワイトリストに設定するメールアドレスを入力してください。
設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。





フィルタ設定

「セキュリティ設定」タブの「フィルタ設定」をクリックしてください。


1)基本設定
どのフィルタルールにもマッチしない受信メールの扱いを設定します
プルダウンメニューより下記のいずれかの選択をして、保存ボタンを押下すると機能が有効になります。
設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。


受信する:メールを受信します
破棄する:メールを破棄します
ヘッダーの受信する:ヘッダーのみ受信します
ヘッダー識別'spam'を追加して受信する:ヘッダーに'spam'を追加する
ヘッダー識別'A'を追加して受信する:ヘッダーに'A'を追加する
ヘッダー識別'B'を追加して受信する:ヘッダーに'B'を追加する
ヘッダー識別'C'を追加して受信する:ヘッダーに'C'を追加する


2)追加したフィルタを一覧表示します。


3)追加ボタンを押下して開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。
 保存ボタンを押下することで設定が有効になります。


フィルタ情報
フィルタ名:フィルタにわかりやすい名称を入力してください。
処理 受信する:メールを受信します
処理 破棄する:メールを破棄します
処理 ヘッダーの受信する:ヘッダーのみ受信します
処理 ヘッダー識別'spam'を追加して受信する:ヘッダーに'spam'を追加する
処理 ヘッダー識別'A'を追加して受信する:ヘッダーに'A'を追加する
処理 ヘッダー識別'B'を追加して受信する:ヘッダーに'B'を追加する
処理 ヘッダー識別'C'を追加して受信する:ヘッダーに'C'を追加する


優先度:条件を複数設定する場合に、指定します。
※優先度:1が一番優先度が高い


フィルタ情報:希望する内容を選択・入力してください


上記を入力し、保存してください。